FX 会社設立

FX会社設立?そんな大それたことをする意味があるのか?!

個人トレーダーとしては満足できず、FX会社を設立してFXトレードをしたいという方がいないわけではないのですが、そんな大げさなことをする方は多くありません。会社と言っても形式上のFX会社のことで、登記すれば誰でも設立できる法人会社を設立するのは、実は最近流行っているんですよ。

なんで会社を設立?と思うかもしれませんが、じつは2011年8月から段階的に規制されたレバレッジ対策のためなんです。現在、個人トレーダーはレバレッジ最大で25倍しかかけられませんが、FX各社を提供する法人口座は今でも数百倍のレバレッジを利かすことが可能なのです。そう、レバレッジ規制はあくまでも個人が対象で、法人は規制対象外なのです。

そこで注目が集まっているのが、FX各社の法人口座。しかし、この法人口座を開設するためには、法人登記が必須となります。その為には登記のための書類を作成したり、大切な運営費も準備しなければなりません。結局のところ、法人口座は数百倍のレバレッジをきかせての取引をする為の開設ですから、最低限の軍資金がなければあっという間に資金を吹っ飛ばすことになるかもしれません。

数百倍のレバレッジをかけられるなら、資金はほんとちょっとで良いのでは?と甘く考える方がいるかもしれません。しかし、数百倍のレバレッジで取引をしたことがある方なら分かるかもしれませんが、ほんのちょっとのレート変動でも資金がとても目減りします。ですから、レバレッジが高いからこそ、余裕ある資金が必要になるのです。

そんな百万、二百万円も資金はな~い、というくらいなら、レバレッジ25倍で十分です。手間暇かけて会社を設立するメリットはあまり感じられませんし、法人税を工面するのも難しいかもしれませんね。資金が用意できる人は法人口座を考えましょう。しかし、その余裕がないなら、レバレッジ25倍で勝てる方法を考えましょう。実際、レバレッジ25倍でも十分勝てますし、コンスタントに利益を重ねていくことは可能ですよ。

ハイレバレッジに固執せず、今何ができるか考えましょう。レバレッジ25倍でコンスタントに勝てるようになってから、ハイレバレッジの取引を考えても遅くはありませんから。

このエントリーをはてなブックマークに追加