FX 時間

FXは24時間取引できるって本当?週末も取引できるの?

FXサイトを見ていると、FXのメリットとして「24時間取引」できる点が挙げられています。あなたも見たことがあるかもしれませんね。しかし、24時間取引できるというのは本当でしょうか?24時間365日取引できるということなのでしょうか?

FX国内業者を利用している方は、たいていの場合、週末は取引ができないでしょう。夏時間であれば、日本時間で月曜日の朝6時~土曜日の朝7時までが主な取引時間となります。一日のうち、一番早く市場がオープンするのがニュージーランドのウェリントン市場で、最後にクローズするのがアメリカのニューヨーク市場です。それら市場がオープンしている時間帯はいつでも取引ができるというわけですね。

しかし、中東は週末も市場がオープンしているのをご存知でしたか?何やらイスラム教のしきたりで、金曜は市場がお休み、でも週末は市場がオープンしているのです。ですから、中東のマーケット対応FX業者で取引すれば、週末も取引ができるというわけです。週末でも取引できて且つオススメできる優良業者は、OANDA JAPANでしょうね。スプレッドは少し高めですが、約定力はピカイチですし、口座開設して損はないと思います。

どうしても国内業者が良いというのなら、サクソバンクFXが良いでしょう。週末は取引できませんが、月曜の朝はどこよりも早く取引可能で、朝4時~取引可能です。サクソバンクは世界の中でも有数の金融機関ですし、ここで取引するのも悪くないですよ。

週末に取引できる大きなメリットは、やはり週末に流れる大きなニュースにいち早く対応できることでしょう。一般の国内業者の場合、週末にビックニュースが流れると、月曜の朝は窓を開けてレートが動きます。しかし、週末取引可能な業者なら、週末もレートが動いているので窓を開けてレートが動くことはなく、相対的に安全な取引が可能なのです。

ですから、週末前にポジションをすべて決済しておけば問題はないのですが、週をまたいでポジションを保有したい場合、一般の国内業者ではリスクが高いケースがありますから、リスク分散のためにOANDA JAPANのような週末取引できる業者のFX口座を保有しておくことで、リスク対策となりますよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加